動画制作・Youtube

これでYoutuber!動画編集のパソコン用有料ソフト10選【2019年版】

どうも、みやしんです(@miya_shin55

3年くらい、Youtube用動画、企業PVのお仕事をしております。
私は主にAdobe Premiere Proを使用しています。

みやしん
みやしん
YoutubeやSNSの流行によって、動画の需要が高まっていますね。

趣味でYoutubeやりたい!動画編集を仕事にしたい!動画編集は副業にもなる!
そういった動画編集がしたいと思われている方が多いです。

今回は動画編集に必須な動画編集の有料ソフトを紹介します。

無料のソフトでも編集はできますが、
オリジナリティを出したり、見ている人に「おぉ!」っと驚いてもらったり、「いいね!」「シェア」してもらうためには、やはり有料のソフトを使用したほうが断然いいですよ。

特にお仕事として動画編集をしたい方は、有料ソフトが必須になります。

Adobe Premiere Pro(アドビ プレミア プロ)

アドビシステムズ
Adobe Premiere Pro
26,160円/年(税別)

ハリウッド映画や多くのYoutuberも使用している定番ソフト。多機能、高機能。拡張性も高い。

メリット

なんといっても、他のAdobe製品との互換性の良さでしょう。

テロップやCGなどの効果をつけたりできるAdobe After Effectやサムネイルを作るためのAdobe Photoshopとの連携がバッチリ!
Adobe Premiere Rushでスマホでも編集、SNS連携ができてデバイスを選ばない動画編集が行えます。

使用しているユーザが多いので使い方などが、ネットやYoutubeでも検索ができる点も強みですね。

デメリット

デメリットはありません!と言いたいところなのですが、買いきりではなく月額、年額のプランになるので費用が他のソフトに比べかかってきます。

しかし、他のソフトとの連携や汎用性を考えると大変コスパはいいです。

独学で動画編集-未経験から1ヶ月で5万円稼ぐ方法-Premiere Proどうも、みやしんです(@miya_shin55) YoutubeやSNSで動画編集の需要が増えてきましたね。 動画編集やってみた...

Final Cut Pro X(ファイナル カット プロ テン)

Apple
Final Cut Pro X
34,800円(税込)

使用しているプロも多く、Youtuberも多く使用している定番ソフト。家庭用動画編集ソフトのiMovieの高機能バージョンともいわれます。

メリット

こちらもAdobe Premiere Pro同様、使用しているユーザが多いので使い方を調べるのが簡単です。

Adobe Premiere Proよりも直感的にトランジション効果がつかえるので初心者や入門者にもオススメのソフト。

デメリット

拡張性・自由度がAdobe Premiere Pro比べると低い

Filmora9(フィモーラ)

Wondershare
Filmora9
7,980円(税込)

4000を超える編集素材(オープニング、テロップ、VFXなど)が揃った、使いやすさを追求した動画編集ソフト。

メリット

フィルター、オーバーレイ、トランジション、字幕、タイトル編集などがすでに用意されており、著作権フリーのBGM、効果音もつかえるのでとても簡単に動画編集が行えます。SNSへの連携も簡単です。

デメリット

商用利用だと、ソフトの価格が変わってくるので注意が必要です。

使用している人がAdobe Premiere ProやFinal Cut Pro Xと比べると少ないのでネットでの情報収集が難しい。

拡張性・自由度がAdobe Premiere Proと比べると低い。

PowerDirector17(パワーディレクター)

CyberLink
PowerDirector17
15,980円(税込)

4年連続 “国内販売シェアNo.1” ビデオ編集ソフト。

メリット

直感的な操作で動画編集やスライドショーを作成可能です。
初心者でも扱いやすく、動作も軽い。

基本的なカット編集、BGMの挿入、テロップ、トランジションなどの一般的な機能をすべて持っている初心者~中級者向けのソフトです。

デメリット

使用している人がAdobe Premiere ProやFinal Cut Pro Xと比べると少ないのでネットでの情報収集が難しい。

拡張性・自由度がAdobe Premiere Proと比べると低い。

Adobe Premiere Elements(アドビ プレミア エレメンツ)

アドビシステムズ
Adobe Premiere Elements
17,800円(税込)

Adobe SenseiのAI技術使用した、自動編集機能(スライドショーやコラージュなど)があり、SNS映えするエフェクトなどを多数揃えたソフト。

メリット

ムービーの整理にもつかえ、感覚的につかえるので初心者には優しいソフト。

デメリット

使用している人がAdobe Premiere ProやFinal Cut Pro Xと比べると少ないのでネットでの情報収集が難しい。

拡張性・自由度がAdobe Premiere Proと比べると低い。

EDIUS Pro(エディウス プロ)

Grass Valley
EDIUS Pro
59,800円(税込)

世界中の主要な放送局やプロフェッショナルビデオ制作現場でも使用されるプロ仕様のソフト

メリット

変換やレンダリングなどの時間が速く、様々なフォーマットを変換なしに編集することができます。

デメリット

使用している人がAdobe Premiere ProやFinal Cut Pro Xと比べると少ないのでネットでの情報収集が難しい。

拡張性・自由度がAdobe Premiere Proと比べると低い。

Vegas Pro(ベガス プロ)

SOURCENEXT
Vegas Pro
66,339円(税込)

高機能なプロ/ハイエンド向け動画編集ソフト。一般的な知名度はないが、家庭用ソフトではできない細かい編集が可能。

メリット

プロ向けの動画編集ソフトでありながら、使いやすいとの口コミも多い。

デメリット

使用している人がAdobe Premiere ProやFinal Cut Pro Xと比べると少ないのでネットでの情報収集が難しい。

拡張性・自由度がAdobe Premiere Proと比べると低い。

LoiLoScope(ロイロスコープ)

LoiLo
LoiLoScope
9,800円(税込)

軽快な動画編集ソフト。効果が多数準備されている。

メリット

テレビ風の動画をすぐに作れたり、ガイド案内で初心者に優しい。

デメリット

用意されている素材がダサめ。

使用している人がAdobe Premiere ProやFinal Cut Pro Xと比べると少ないのでネットでの情報収集が難しい。

拡張性・自由度がAdobe Premiere Proと比べると低い。

VideoStudio Pro 2019(ビデオスタジオ プロ)

Corel
VideoStudio Pro 2019
9,800円(税込)

豊富なトランジションが用意され、簡単に動画編集できるソフト。

メリット

フィルターが1,500種類以上あり、効果も多く、初心者でも魅力的な動画を作れる。

デメリット

用意されている素材がダサめ。

使用している人がAdobe Premiere ProやFinal Cut Pro Xと比べると少ないのでネットでの情報収集が難しい。

拡張性がAdobe Premiere Proと比べると低い。

VEGAS Movie Studio 16 Platinum(ベガ ムービー スタジオ プラチナム)

SOURCENEXT
VEGAS Movie Studio 16 Platinum
6,880円(税込)

プロ仕様の高性能、高機能なソフト。

メリット

高機能で自由度の高い編集が可能。

デメリット

用意されている素材がダサめ。

使用している人がAdobe Premiere ProやFinal Cut Pro Xと比べると少ないのでネットでの情報収集が難しい。

拡張性がAdobe Premiere Proと比べると低い。

まとめ

動画編集ソフトについて紹介してきました。

初心者用で簡単操作で編集したい方には

がオススメ!

仕事で動画編集したい方には使用ユーザ、情報が多い

をオススメします!

独学で動画編集-未経験から1ヶ月で5万円稼ぐ方法-Premiere Proどうも、みやしんです(@miya_shin55) YoutubeやSNSで動画編集の需要が増えてきましたね。 動画編集やってみた...
ABOUT ME
アバター
みやしん
ノマドでWeb・動画クリエイター/ 副業を1年経験し、ノマド生活5年目 / 南国宮崎で活動中 / Webや動画制作,ノマド,アフィリエイトに関する情報をブログで発信【副業 | ノマド | フリーランス | ブログ | アフィリエイトを始めたい方応援中】